2011年以降のマリンアクアリウム愛好家の国内人口推移は?

  • 0
analytics

2011年以降のマリンアクアリウム愛好家の国内人口推移は?

久しぶりのAQISMブログの更新です。

最近、インターネットの世界にどっぷり漬かりまくりで、全然水槽をシッカリ維持するところまでたどり付きません。

子供も大学受験を控えており、2000年から続けてきたお父さんの趣味は小休止しようかな…?!なんてちょっと思うこともあります。インターネットの方がお金のかからない趣味だったりもするのでw

さてさて、みなさん「国内のマリンアクアリウム人口ってどれぐらい?」だと思います?
インターネットをやっていると、実はそんなデータも取れたりします。

私は2011年の東日本震災以降、趣味でアクアリウムECサイトの開発を行っているのですが、当時からGoogle Analyticsと呼ばれるアクセス解析ツールを利用してきています。過去4年間で国内のアクアリウム愛好家の人口がどう推移してきているかを把握することができます。

Google Analyticsは世界で最も信頼性の高いアクセス解析ツールです。アメブロなどは、水増しアクセスがもの凄いので、アメブロからGoogle Analyticsに移行すると、アクセス数の少なさに(現実のアクセス数に)驚きます…^^;

もちろん、ユーザ数だけでなく、アクアリウム愛好家の間ではどんな検索ワード(100,927単語)が人気なのかも、4年間で発生した200万セッションのアクセスログから推移を取り続けてきました。

マニアな業界ですけれど、これもいわゆる”ビックデータ”ってやつですね。

マリンアクアリウムって、趣味の世界なので始める人もいれば、止める人もいます。何十年も続けているマニアな方も当然います。

ここ4年間でマリンアクアリウム愛好家の毎月の推移は、減っているか増えているかというと、ずばり増えています。増えているといっても数千人規模でしかないですけれど。。。

過去4年間でマリンアクアリウムに何かしらのカタチで関心を持った日本国内のユーザ数は約40万人です。

ここ最近のマンスリー値では、約1.5万人~1.8万人が日本国内で、初心者の方もベテランの方も含めたアクティブなマリンアクアリウム愛好家です。

機材関係だと何に一番国内のマリンアクアリウム愛好家は関心を持っているかっというと…???

ずばり、「●●●」です。秘密です(笑)。なんだと思います?

意外と、「海水魚や珊瑚に適した人工海水が何か?」を長時間かけて調べている方々も沢山います。

Coral Labさんが展開されているトリトン水質検査は有効的だと思います。

ホームページは、「見た目」にとらわれがち、商売をしている方は自分自身の「勘」に頼りがちですけれど、今まさにリアルタイムに発生している愛好家の方々のアクセスログを収集し、データ分析することで、効率的、効果的に商売ができるようになります。

私はマリンアクアリウムの世界では商売していないですけれど。。。

ここにマリンアクアリウムのWebアクセス解析ログから分析したマーケティングレポートを記載し始めると、もの凄いボリュームになってしまうので、さわりだけで留めておきます。

このテンプレート、表示確認するとまだ崩れているな…直します。。。


無料ブログ開設依頼

無料アクアリウムブログ開設依頼

AQISMなみなさまからの最新情報

公式Facebook

公式Google+

PR