世の中は「バランス」

  • 0
世の中は「バランス」

世の中は「バランス」

午後、しんげんさんのブログをFacebookページでシェアしようと思ったら、ぜんぜん動かなくなりました….(-_-;)

今日はウェブ用Facebook Messengerのローンチ日なので、その影響なのかもしれません。。。ハンパ無い規模のサービスなので、いろいろあるだろうなぁ~。

私も昔、某サイトリニューアルでしくじり、一週間で1万件の「死ね」「死ね」クレームを受けたことがあります。Twitterのタイムライン、2ch板は、当時滝のようなスピードでコメントが流れました…2chスレッド勢いランキングでは、常に1位でした…^_^;

ネット社会の秘匿性の怖さを身を持って体験済みです。

ちなみに何のサービスかは秘密です。「お前かー!!」っと再炎上させたら大変なのでw

久々の更新となりましたAQISMのブログ。

AQISMのブログなので、ネット関係の事を書きたいと思います。
ご興味ある方は、お付き合いください。

ホームページって、デジタルなデータの集合体なので、もとは全て「0」と「1」です。

世の中にあるもの全てが「0」と「1」です。

そう、イメージにすると、こんなマトリックスな文字列な世界です(^^♪
世の中は「バランス」

アクアリウムとWebサイト制作の世界って、とってもよく似ています。

一つでもバランスが崩れ、それを放っておくと取り返しが付かない状態に陥ります。
でも常に安定したバランスを保っていると、とてもよく成長してくれます。

地球上全てのものがバランスで成り立っています。宇宙もそうなんだと思います。

でも素数の世界って、不規則な世界で、素数の世界の法則を見出すことはノーベル賞を受賞できると言われています。一見バランスがなさそうですが、この解読できない素数の世界があるからこそ、暗号化の世界が成り立っています。

この「解読できない世界があるからこそ、暗号化の世界が成立する。」っというのも、もしかしたらバランスなのかもしれません。

最近、このバランス悪いなぁ~と思って、直したくてしょうがない世界があります。

何を直したいかというと、WebサイトのHTMLコードを表示させると必ず10行目以内に記述がある文字コードです。

日本語だから文字コードは、「Shift-JIS」か「EUC-JP」で決め付けている人や、何も意識しないでサイト制作しているので、大体この2種類の文字コードを利用してサイトを立ち上げているところがほとんどです。

SNSの広がりで、インターネットを通じて世界中のいろいろな人々が、日本のサイトと接触する機会も増えてきました。

「我が社はグローバル!世界との取引があります!海外の方もお問合せください!」と記載されたサイトの文字コードが、「Shift-JIS」や「EUC-JP」だと、もー他人のサイトでも直したくて直したくて仕方ありません…^_^;

なぜかというと、日本語のマルチバイト文字に対してちゃんとブラウザが処理できる文字コードで、Webサイトを構築しておかないと、他国のPCから見た時に、文字化けが生じます…。

英語圏でも中国語圏でも、どの環境からアクセスされても、日本語がちゃんと表示されなくてはなりません。日本語がちゃんと表示されれば、翻訳できるからです。

文字化けしてたら、何が記述されているか分からず訪れた海外の人々は直帰です!w

サイトの見た目やインパクトばかり気にする前に、サイトの根幹を形成する文字コード選定をシッカリやるのが、プロの仕事です。

バランスの世界が見えると、次に法則の世界が見えるようになってきます。

法則の世界が見えると、AQISMのブログなら10分以内に1000枚の写真をブログに貼り付け公開することも可能です。

具体的には、またいつかダラダラとブログに書いてみたいと思います。
#ブログって書きたいことを書くと、とってもストレス発散になりますよねw

AQISMはちゃんと日本語のマルチバイト処理に適した文字コード選定を行っておりますので、ご安心して情報発信を行ってくださいませ(^^♪

最後に、先日Facebookにアップした最近のハタゴ写真をアップしておきます(^^)。

世の中は「バランス」


  • 0
AQUARIUMZONE、AQISMブログデザインの原点は、昔の「nakata.net Cafe」。タイムマシーンに乗って調べてみましょ。

AQUARIUMZONE、AQISMブログデザインの原点は、昔の「nakata.net Cafe」。タイムマシーンに乗って調べてみましょ。

AQUARIUMZONE、AQISMブログデザインの原点は、昔の「nakata.net Cafe」。タイムマシーンに乗って調べてみましょ。

最近、アクアリウムネタのブログをほとんど書かなくなってしまっています。。
ご興味ある方はご覧くださいませ(^^♪

タイトルにも記載いたしましたが、AQISM、AQUARIUMZONEブログデザインの原点は、「nakata.net」です。

アクセスされてみて、「えっ、どこが?全然似てないじゃん。」

っと100%なるよなぁ~と思うのですが、昔は似ていた時期があったんです。

では、今から昔にさかのぼってみましょう。

「はっ?今から昔にさかのぼるなんて無理じゃん….」

いやいや、インターネットの世界はできるんです。

その名も、「Internet Archive: Wayback Machine」です。

タイムマシーンのようなサイトです。

このサイトにアクセスして、過去の状態を遡って確認したいサイトのURLを入力すると、サイトの立ち上がりから今までに至る状態を確認することができるんです。

上記サイトを利用して、昔の「nakata.net」サイトを確認した状態の画面が以下です。

AQUARIUMZONE、AQISMブログデザインの原点は、昔の「nakata.net Cafe」。タイムマシーンに乗って調べてみましょ。

なんとなく、似てません??新着アップデートブログタイトル枠があって、透かして背景が見える感じ。

ちなみに、なんでこんなツール知っているのか?といいますと、

昔、中古の被リンク大量保有な優良ドメインをオークションで大量に入札購入してサイトを立ち上げるのが趣味だった時期がありまして、中古ドメインを購入する前に、手放されたドメインを運用していた会社が、不正行為等で倒産しているんじゃないよな?

っというのを調査するために、上記サイトを利用しておりました。

いろいろなサイトを立ち上げてきて、

トップページはシンプルに軽く、最新情報への誘導さえできればよいのと、写真が綺麗に際立つデザインにして、ブログを訪れた人に入り口で「いい感じ。」と思わせることが重要と思って今のAQISMのデザインにしています。

何事も第一印象が重要ですからねw

本ブログ上部ヘッダー部で利用している以下、「nakata.net Cafe」のお写真は、「nakata.net Cafe」を撮影されたカメラマンさん、大平正美さんのお写真を利用させていただきました。

AQUARIUMZONE、AQISMブログデザインの原点は、昔の「nakata.net Cafe」。タイムマシーンに乗って調べてみましょ。

こちらのカメラマンさんのトップページは、もっとシンプルでタイトルのリンクしかありません。

背景が切り替わるところは、なんとな~く、AQUARIUMZONE、AQISMのトップにも似ています。

なんで、AQUARIUMZONE、AQISMに似ているのかって?

2012年に私が立ち上げたサイトだからですw

このサイトも仕事じゃなくて、趣味で立ち上げました。

中面フッター部に私の名前のクレジットが入っております。

先日、ソーシャルにアップしたプラチナオセラリスの写真を最後にアップいたします。
ノーマルですけれど、石垣島産です(^^♪

AQUARIUMZONE、AQISMブログデザインの原点は、昔の「nakata.net Cafe」。タイムマシーンに乗って調べてみましょ。

でわ。また~。


  • 0
4月21日、Googleのモバイル重視検索アルゴリズム変更がアクアリウム業界にも降り注ぐ

4月21日、Googleのモバイル重視検索アルゴリズム変更がアクアリウム業界にも降り注ぐ

4月21日、Googleのモバイル重視検索アルゴリズム変更がアクアリウム業界にも降り注ぐ

納豆がもの凄く食べたくなって我慢できずに、

コンビニで買って、

台所でフタをあけたら、

そのまま三角コーナー行きになってしまいました…Orz

私も軽くしんげんさん風な、ブログの出だしにしてみましたw
ややウケ^^?、っといった具合でしょうか。

さて、さて、久しぶりにネット周りのお話です。
ネット業界ではとても最近話題になっている出来事をご紹介いたします。毎日、この話題で大盛り上がりです。

ニュースサイトのURLを並べようと思ったのですが、あまりにも大量にあるので、「google 4月21日 アップデート」で検索した際のGoogleの検索結果を貼り付けます。こちらのリンクをまずクリックしてみてください。

先月記載したこちらのブログの最後に、

「サイトがスマートフォン、タブレットに対応していないところは、確実に時代の流れに取り残されてしまうので、HTML5で早めにレスポンシブデザインに変えた方が得策です。」

と記載しておりましたが、いよいよ4月21日よりGoogleがモバイルフレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング指標に使用することを発表してきました。

Googleが発表しているモバイルSEOガイドにて、「Google では、デザイン パターンとしてレスポンシブ デザインを推奨しています。」と太字で強調して記載しています。

では、なぜAQISMでも採用しているレスポンシブデザインが有効なのでしょうか?

 icon-arrow-circle-right ページ読み込み時間の短縮

モバイル対応されている大手ブログサービスであっても、レスポンシブデザインでは無く、ブログやサイトにアクセスした環境(ユーザーエージェント)を判断して、URLを出し分けています。時間にすればコンマ数秒の処理ですが、無駄な処理です。

レスポンシブデザインは、どこからどのような環境からアクセスしようが、同一のURLで画面を最適化させて表示させるので、アクセス元の環境を判断してURLを出し分けるような無駄な処理は一切動きません。動かないじゃなくて、そんな処理はありません。

 icon-arrow-circle-right Google側もレスポンシブの方が都合が良い

いちいちGoogle側が「パソコン用のページがあるか」、「モバイル用のページがあるか」を判断する必要がありません。そして、URLが一意ということは、検索エンジンのインデックス生成を行う際に動くGooglebotがサイトクロール時にリソースを節約できます。

他にもレスポンシブデザインのメリットは沢山あるのですが、代表的なところで記載しました。

サイトやブログが、レスポンシブデザインじゃないと、検索上位にヒットしなくなりますよ~。

既に数店舗さん(アクアリウム業界以外も含みます)から、レスポンシブデザイン対応のECサイト開設相談がきております。ショップさんやメーカーさんで、HTML5によるレスポンシブECサイトを開設されたい方は、こちらよりご依頼ください。

ご依頼いただけたところや、私から直接お声がけしたところから、順番に開設いたしますので、気になる方はお早めにお問合せくださいませ。

既にAQISMでブログを開設されている方やECサイトを開設済みの店舗さんは、何も問題ありません。

むしろ早く4月21日付近で発生するGoogleの大幅アップデートが早く来て欲しいです。


  • 0
AQISMのスマートフォン、タブレット写真表示対応改善

AQISMのスマートフォン、タブレット写真表示対応改善

AQISMのブログで写真をタップした際に、今までは画面を飛びぬけて画像そのもののサイズで表示されてしまっていました。

これを、AQISMを参照するスマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスに応じて写真の画面サイズを最適化させるプログラムを実装しました。
#ブログを更新いただけている方優先で対応しております。

スマートフォン面で、写真が見やすくなったと思います(^^♪
AQISMのスマートフォン、タブレット写真表示対応改善

そうそう、今ちょうど毎日読むニュースサイトを立ち上げたら、AQISMでも採用しているWordPressについて、こんな事が記載されていました。

「Matt Mullenweg氏が設立したコンテンツマネジメントプラットフォームWordPressは、ウェブサイトの19%以上で稼働しており(VentureBeatを含む)、インターネットの世界で最も影響力のあるソフトウェアの1つだ。」
転載元記事:WordPressの設立者、1日6回の多相睡眠で10億ドル企業に成長させる

WordPressって何?全然分からない(T_T)。っという方もいるかもしれませんが、世界で影響力があるソフトウェア上でAQISMは動いています。


  • 1
アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル

アクアリウム業界初、アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル。

アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル

既にソーシャル上では、ご案内済みですが、関東圏を中心に7店舗展開中のスプラッシュさんのホームページをECサイトとして、リニューアルしました。お客様からの注文も入りはじめ、本格的に動き始めてきたのでご紹介いたします。

サイトが動作している環境は、AQISMと同様、クラウドを採用しました。レンタルサーバーでは無く、クラウドを利用すると以下のメリットがあります。

 icon-arrow-circle-right レンタルサーバーとは比べ物にならない表示速度

ロードバランサーによる負荷分散やNginxといった最新技術を、ユーザが実現したい内容にあわせて自由自在に組み合わせできます。

 icon-arrow-circle-right どんどん機能拡張できる

ディスク容量やバックアップなどがインターネット経由で簡単に実施できます。

 icon-arrow-circle-right オートスケールアウトが可能

クラウドならではの技術。詳細は以下に記載します。

オートスケールアウトとは、例えばTV番組などで店舗が取り上げられ、瞬間風速的にサイトへのトラフィックが高まった際に、システムを落とす事無くクラウド側が全てのトラフィックを捌くために、自動でサーバーを拡張させるシステムです。

実装しているECカートプログラムもアクアリウムのネット売買において、過去4年間、一度もトラブルを発生させたことは無いので、安心してご利用いただけます。っと言っておきながら、ネットの世界は100%はありえないので、この先問題が起こる可能性はゼロではないこともお伝えしておきます。肝心なのは、トラブルが発生しても復旧させる実力があるか?です。

今回実装したスプラッシュさんのサイトの特徴として、上記のクラウドもそうなのですが、もう少しフロント側の実装でいくと、「7店舗分の商品管理、売上管理、ブログ更新を一つのWebサイトで実現した。」、「ネット販売が可能な海水魚、珊瑚、金魚、機材と、法律で対面販売が義務付けられている小動物、爬虫類、鳥類を一つの管理画面から簡単に商品アップできるプログラムをオープンソースプログラムを独自カスタマイズで作った。」っというところになります。今後、店舗や取扱商品ジャンルが増えた場合にも、柔軟に対応できるプログラムをオリジナルで開発しています。

つまり、バックエンド側の実装も、フロントエンド側の実装も、将来を見越して、今後の店舗支店拡大に十分スケールアウト可能な作りにしています。

AQISMもそうですが、以下のサイトは全て個人の趣味で一人実装運営しています。他にもありますが、一部ご紹介しています。もう一年経つと技術が古くなるので、リニューアルしたいサイトも含まれています。

スプラッシュ
生麦海水魚センター
日本らんちう協会
盤古殿新横浜プリンスホテル店
全国30万台中古車販売ジャパンカーズ

あまり気がついていない方が多いと思うのですが、大手企業ですら、実力を持った個人に仕事を依頼する時代です。私は普段某通信系IT企業で勤務しながら、空き時間はベンチャーというよりもスタートアッパー(モドキ)としての動きを会社とは関係の無い個人の空き時間に趣味として動いています。ベンチャーとスタートアップの違いはこちらのサイトに記載されています。

この2軸展開をしていると、ビジネスをする上で何が問題で、何をすればよいのかがとてもよく見えます。

どんな人であっても組織や業界にいると、どうしてもその範囲で留まってしまいます。そこで過ごす時間が長いためです。でも、他ジャンルの業種業態から最新技術が動くネットの世界を通じて、世界中の情報や人々に触れていると新しい刺激が毎日入り込んできます。「昔は、この人は偉いから有名だからついていこう!」でしたが、IT業界は「この人は、実力が高いからついていこう!」に変化しています。年功序列など関係ありません。実力勝負です。

きっと国内のアクアリウム業界のようなマニアなセグメント化された領域も、ネット社会の様々な現実に思い知らされる時が近い将来やってくると思います。

ちょっと話題がそれますが、世の中が変わるかもしれない?っという視点でいくと、最近中古マンションのフリーマーケットサービスHousmartがリリースされました。今までの業界構造が崩れるかもしれないこのようなチャレンジングな出来事はすっごいワクワクします(^^♪このサイトもまた、AQISMやスプラッシュ、生麦などなどと一緒で、WordPressが利用されています。

どんなに名の知れた企業やサイトとパートナシップを組もうが、どんなに優れたプログラミングの技術を保有していようが、どんなに優れたデザイン力があろうが、どんなに優れたディレクション力があろうが、アクアリウムに興味がなければ集客力があるアクアリウムショップサイトは立ち上がりません。

これはアクアリウムに限らず、競争が激しい高単価な人材、住宅、自動車といった領域も一緒です。

サイトがスマートフォン、タブレットに対応していないところは、確実に時代の流れに取り残されてしまうので、HTML5で早めにレスポンシブデザインに変えた方が得策です。


無料ブログ開設依頼

無料アクアリウムブログ開設依頼

AQISMなみなさまからの最新情報

公式Facebook

公式Google+

PR