アクアリウム業界初、アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル。

  • 1
アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル

アクアリウム業界初、アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル。

アクアリウム専門店スプラッシュのホームページをAWSクラウドにてリニューアル

既にソーシャル上では、ご案内済みですが、関東圏を中心に7店舗展開中のスプラッシュさんのホームページをECサイトとして、リニューアルしました。お客様からの注文も入りはじめ、本格的に動き始めてきたのでご紹介いたします。

サイトが動作している環境は、AQISMと同様、クラウドを採用しました。レンタルサーバーでは無く、クラウドを利用すると以下のメリットがあります。

 icon-arrow-circle-right レンタルサーバーとは比べ物にならない表示速度

ロードバランサーによる負荷分散やNginxといった最新技術を、ユーザが実現したい内容にあわせて自由自在に組み合わせできます。

 icon-arrow-circle-right どんどん機能拡張できる

ディスク容量やバックアップなどがインターネット経由で簡単に実施できます。

 icon-arrow-circle-right オートスケールアウトが可能

クラウドならではの技術。詳細は以下に記載します。

オートスケールアウトとは、例えばTV番組などで店舗が取り上げられ、瞬間風速的にサイトへのトラフィックが高まった際に、システムを落とす事無くクラウド側が全てのトラフィックを捌くために、自動でサーバーを拡張させるシステムです。

実装しているECカートプログラムもアクアリウムのネット売買において、過去4年間、一度もトラブルを発生させたことは無いので、安心してご利用いただけます。っと言っておきながら、ネットの世界は100%はありえないので、この先問題が起こる可能性はゼロではないこともお伝えしておきます。肝心なのは、トラブルが発生しても復旧させる実力があるか?です。

今回実装したスプラッシュさんのサイトの特徴として、上記のクラウドもそうなのですが、もう少しフロント側の実装でいくと、「7店舗分の商品管理、売上管理、ブログ更新を一つのWebサイトで実現した。」、「ネット販売が可能な海水魚、珊瑚、金魚、機材と、法律で対面販売が義務付けられている小動物、爬虫類、鳥類を一つの管理画面から簡単に商品アップできるプログラムをオープンソースプログラムを独自カスタマイズで作った。」っというところになります。今後、店舗や取扱商品ジャンルが増えた場合にも、柔軟に対応できるプログラムをオリジナルで開発しています。

つまり、バックエンド側の実装も、フロントエンド側の実装も、将来を見越して、今後の店舗支店拡大に十分スケールアウト可能な作りにしています。

AQISMもそうですが、以下のサイトは全て個人の趣味で一人実装運営しています。他にもありますが、一部ご紹介しています。もう一年経つと技術が古くなるので、リニューアルしたいサイトも含まれています。

スプラッシュ
生麦海水魚センター
日本らんちう協会
盤古殿新横浜プリンスホテル店
全国30万台中古車販売ジャパンカーズ

あまり気がついていない方が多いと思うのですが、大手企業ですら、実力を持った個人に仕事を依頼する時代です。私は普段某通信系IT企業で勤務しながら、空き時間はベンチャーというよりもスタートアッパー(モドキ)としての動きを会社とは関係の無い個人の空き時間に趣味として動いています。ベンチャーとスタートアップの違いはこちらのサイトに記載されています。

この2軸展開をしていると、ビジネスをする上で何が問題で、何をすればよいのかがとてもよく見えます。

どんな人であっても組織や業界にいると、どうしてもその範囲で留まってしまいます。そこで過ごす時間が長いためです。でも、他ジャンルの業種業態から最新技術が動くネットの世界を通じて、世界中の情報や人々に触れていると新しい刺激が毎日入り込んできます。「昔は、この人は偉いから有名だからついていこう!」でしたが、IT業界は「この人は、実力が高いからついていこう!」に変化しています。年功序列など関係ありません。実力勝負です。

きっと国内のアクアリウム業界のようなマニアなセグメント化された領域も、ネット社会の様々な現実に思い知らされる時が近い将来やってくると思います。

ちょっと話題がそれますが、世の中が変わるかもしれない?っという視点でいくと、最近中古マンションのフリーマーケットサービスHousmartがリリースされました。今までの業界構造が崩れるかもしれないこのようなチャレンジングな出来事はすっごいワクワクします(^^♪このサイトもまた、AQISMやスプラッシュ、生麦などなどと一緒で、WordPressが利用されています。

どんなに名の知れた企業やサイトとパートナシップを組もうが、どんなに優れたプログラミングの技術を保有していようが、どんなに優れたデザイン力があろうが、どんなに優れたディレクション力があろうが、アクアリウムに興味がなければ集客力があるアクアリウムショップサイトは立ち上がりません。

これはアクアリウムに限らず、競争が激しい高単価な人材、住宅、自動車といった領域も一緒です。

サイトがスマートフォン、タブレットに対応していないところは、確実に時代の流れに取り残されてしまうので、HTML5で早めにレスポンシブデザインに変えた方が得策です。


About Author

AQISM

Webサイト制作が大好きなマリンアクアリストです。デザインからプログラミングからマーケティングからデータ分析までWebの世界では一人でなんでもこなします。日本全国30万台以上の中古車を扱うJAPANCARSをはじめ、数々のWebサイトを一人で立ち上げてます。実践大好き、机上は大嫌いな現場主義者です。マリンアクアリウムは2000年からやってます。以前は爬虫類マニアでした。私自身も2007年からこちらの「海水魚がいる癒しの空間」を行ってきています。アクアリウムに関する記事をブログに書き留める時は、水槽の中を綺麗にし、より多くの人に「いいね!」っと言ってもらいたいという心理が働いた上でブログを更新してきています。ブログに生体の記録を書き留めることは生体たちにとってもよい事だと思っています。AQISMは、ブログを書く人、読む人、そして水槽内の生体たちもモチベーションが上がるサービスにしていきたいと思っています。プロの方、ベテランの方はもちろんの事、初心者の方も大歓迎です。大手のブログサービスで情報発信するよりも、「アクアリウムファン」がいる場所でブログを書いた方が、より意味のある情報の伝達と反応が得られると思っています。趣味で運営しているので無料です。無料ですけどかなり本格的なので、自信を持ってお届けできるサービスです。お申し込みはこちらより受付しております。

Loading Facebook Comments ...

無料ブログ開設依頼

無料アクアリウムブログ開設依頼

AQISMなみなさまからの最新情報

公式Facebook

公式Google+

PR